ToolKit for CreateJSで書きだしたJSの解像度ごと変換

ToolKit for CreateJSをつかったアニメーション

ToolKit For CreateJSを使っていると、解像度ごとに対応したいと言われるときものすごく困る。 Flashのファイルをその解像度に合わせたものに作り変える・・・  そんな面倒なことはしたくない。 1度その作業をやるだけでも面倒なのに、もしそのアニメーションに修正が入った時を考えたら・・・ (考えただけでぞっとするので考えないようにしておこうw)

そんな面倒なことを解決したく、ツールを作りました。

atsumo/trconvert · GitHub

trconvert使い方

trconvertはnode.jsを使用しているため、node.jsのインストールが必要です。 最近フロントでもGruntなどnode.jsが必要なツールを使ってることが多いのと思うので、nodeの詳しい説明は省きます。

trconvert インストール

ターミナルからtrcovertをインストール npm install -g trconvert

npmを使用してインストールします。 どこからでも使用可能なように-gでインストールしてください

trconvert 使い方

インストールが終了したら、 trconvertというコマンドが使えるか確認してみてください。

trconvert

Usage: trconvert <file> [options]

  Options:

    -h, --help           output usage information
    -V, --version        output the version number
    -o, --output         convert output file. If empty, output filename will be replaced [target_file_body]_[ratio*10].js.
    -r, --ratio <ratio>  convert ratio. path caluculated by this rate. ( default 1 )
    -b, --base <base>    convert base ratio (default ratio 2)

trconvertとだけ打つと設定できるオプションなどが表示されます。trconvert -hも同じです。

例えばsample.jsというratio2を対象に作成したjsのfileからsample_test.jsというratio1のjsファイルを生成したい場合はこんなかんじで書きます。

trconvert sample.js -b 2 -r 1 -o sample_test.js

ちなみにdefaultのratioは2になっているため、ratio:2で作ってるファイルに関しては-bというオプションは不要です。

以上簡単な説明ですが、興味あれば使ってみてください!

参考

Toolkit for CreateJSのPixelRatioコンバータ書いたよ | ブログ :: Web notes.log

正規表現などのロジックのベースにさせてもらいました。